FC2ブログ

箏曲の新しい展開シリーズ Vol.1

みやこ風韻のメンバーであり、先日の観桜会にもご出演くださった大谷祥子さんの出演される演奏会があります。

2011年5月28日(土) 開場 15:30 開演 16:00
 於;関西日仏学館 稲畑ホール
     京都市左京区吉田泉殿町8  TEL 075-761-2105

料金/ 前売 2,500円 (当日 3,000円)

【プログラム】
      ・みだれ/古典
      ・五段の調べ/三木稔
      ・夢読み/吉松隆
      ・梢にて/池辺晋一郎

【出演】   大谷祥子  吉村七重(箏曲家)

【演出】   吉村七重


【お問い合わせ】
  ゲンザン音楽事務所
   TEL 075-371-8972  FAX 075-371-8973
 
スポンサーサイト



ジャパンマーベラス 京都初公演

2011年5月29日(日) 開場 14:00 開演 15:00
 於;京都シルクホール(きらっ都プラザ京都産業会館内8階)
     京都市下京区四条烏丸西入

料金/ 大人 3,500円  子供 2,500円  (全席自由)

マーベラス_convert_20110428161135_convert_20110428161424


【お問い合わせ】
  ゲンザン音楽事務所
   TEL 075-371-8972  FAX 075-371-8973
 

演奏会のお知らせ

『三海芸能サミットファイナルステージ エール。そして、わたしたちのできること。』

東日本大震災のチャリティーイベントです。

2011年5月5日(木) 〔昼の部〕13:00開演  〔夜の部〕18:00開演
 於;岡山市民会館

料金/ 大人 2,500円(昼・夜通しの場合、4,000円)
     小人 1,000円(昼・夜通しの場合、2,000円)

♪プログラム
〔昼の部〕「復興」
名刀太鼓、雷門喜助、声援団、宗忠神社宮司・吉備楽、ビリーブ合唱

〔夜の部〕「未来へ」
宗忠神社宮司・吉備楽、雷門喜助、矢本博とホットジャイブ+ピーチツリー、声援団

特別出演:三好芫山




『第54回杉並三曲協会 定期演奏会』

三好芫山社中は「春の夜」を演奏します。

2011年5月22日(日) 10:30開場 11:00開演
 於;セシオン杉並ホール

入場無料

♪プログラム
・越後獅子/峰崎勾当
・砧/宮城道雄
・都踊/宮城道雄    他



【お問い合わせ】
  ゲンザン音楽事務所
   TEL 075-371-8972  FAX 075-371-8973
 

芫山のひとりごと-過去・現在・未来- Vol.4

3月11日に大変な津波と地震が起こった。私の人生に9・11と3・11は忘れることの出来ない日である。皆様にも多くの友人知人がおられたことと思うが、心よりご冥福を祈りたい。

四月に入って観桜会が東京と京都で行ったが両会場共、1曲目に追悼曲として星田一山作曲の「神仙調短章」を演奏した。今年は例年の半分くらいの参加で、震災の影響がここにも出てきていた。

又、お世話になったサントリーの名誉会長、鳥井道夫氏のお別れ会が大阪のリーガロイヤルホテルで行われた。多くの人達に見守られてのお別れ会であったが、顔形が私と似ているところがあり、「ひょっとして隠し子?」と人に言われたことを思い出していた。
鳥井会長お別れ会


五月には岡山で義援金募集のコンサートに参加して、少しでも力になりたく思っている。

ゲンザン言いたい放題! Vol.2

尺八と一口に言っても、色々な種類があり、それぞれの尺八に合った曲がある。このことをわかっていない尺八吹きが多い。

民謡は音楽ではない。五線譜には書けるがその地に生まれた民謡の奥は深い。現代の正律の尺八で吹くとその味は出ない。この竹、調律が悪いなぁ…と思うぐらいの尺八で吹くと丁度良く、味が出る。

今日の、正律でよく鳴る尺八で古典本曲を吹くのもどうか。古典本曲と現代の尺八では息の入れ方、手法が違う。昔の古典本曲を吹く尺八は強く吹くと鳴らないヨ。やさしくやさしく吹かねばネ。

尺八の穴の数も時代と共に変わってきた。聖徳太子は6孔尺八で吹いていたとか。その後、虚無僧の頃からは5孔、戦後はフルートに負けじと7孔、9孔、12孔…と。実際、多孔尺八で残ったのは7孔だけになった。尺八の呼び名もはっきりして欲しいものだ。尺八とは本来5孔尺八のこと。7孔は「7孔尺八」と明記して欲しいものだネ。

尺八には半音の美学がある。半音は5孔尺八にのみあるもので、この美学を大切にして欲しい。半音上がる時、指をずらして出す方法は管楽器にはあまりない。(弦楽器には多く有る)
尺八の半音はあまり大きな音は出ない。しかし、それでいいのだ!!半音の音が小さくても、又極端に言えば無くても曲になる。半音は常に経過音だからだ。日本の音楽は五声なのである。そのような尺八曲の半音を大きく吹く為に7孔にするというのは日本の心が分かっていないということだ。
決して7孔尺八が悪いと言っているのではない。大変素晴らしい改良だと思っている。しかし、吹き手が曲の心を理解せず、ただ便利で大きい音が出るというだけで吹くにはどうかと思う。(私の知人のプロの人たちはちゃんと曲によって二本の尺八を吹き分けている)
尺八の合奏曲などをしている場合、ほとんど5孔尺八で吹いている中に7孔尺八で吹く人がいるが、音色も変わり、それはまるで黒紋付きの着物の中に一人だけグレーの着物を着て吹いているようなものだ。

最近の若手尺八演奏家の音には個性が無い。誰が吹いているのか分からない。尺八の製管技術向上の中でよく鳴る尺八は生まれたが、個性のある音色が失われた。音の大家、青木、横山、山本、宮田諸師の音は聞き分けられるだろう。鳴らない竹で稽古して、自分に合った吹き方を考案して、初めてその人の音色が生まれるのだと思う。山本邦山師の尺八は彼しかあの音は出せないし、他の者が吹いても鳴らないのである。

仁和寺観桜会

東京観桜会に続いて、4月5日(火)に仁和寺でも観桜会を行いました。
こちらも震災の義援金募金の会とさせていただきました。

仁和寺1


ゲストに箏曲家・大谷祥子師をむかえ、仁和寺宸殿にて演奏しました。

♪プログラム
・神仙調短章
・雲井獅子
・なばりの三つ(二十絃箏)
・上弦の曲

仁和寺2


演奏の後は懇親会。楽しいひとときを過ごしました。

仁和寺3


仁和寺4

東京観桜会

4月2日(土)に東京・龍光寺にて観桜会を行いました。
東日本大震災直後の時期でしたので、お客様にもご協力いただき、義援金募金の会とさせていただきました。

龍光寺2

清芫社観桜会  午後2時~
♪プログラム
・紫鈴法     ・夕顔
・山の朝     ・舞扇
・つむぎ唄    ・桜川
・茶音頭     ・証城寺のスケルツォ
・新古典調


芫志会観桜会  午後4時~
♪プログラム
・神仙調短章   ・さくらさくら
・雲井獅子     ・山寺の和尚さん
・越天楽      ・竹田の子守唄

♪出演者
尺八・三好芫山  歌・綾乃ひびき
箏1・橋本みぎわ  箏2・石田真奈美  17絃・新福かな  

龍光寺1

ようこそ

Genzan Miyoshi

Author:Genzan Miyoshi
ようこそ、アクセスしていただきありがとうございます。

尺八演奏家の三好芫山です。日々の出来事や、教室のご案内など、随時更新していきますので是非ご覧ください。

現在、従来の邦楽演奏だけでなく、京都初の邦楽アンサンブル〝みやこ風韻〟や、歌とのコラボレーションを実現した〝ゲンザン組〟も積極的に取り組んでいます。

様々な活動を通して幅広い層の皆様に、邦楽のすばらしさを身近に感じていただきたく思っています。是非一度お聴きになってみてください。

演奏活動の他に、全国のお稽古場に於きまして、子どもさんから大人の方まで丁寧に個人指導をしています。趣味の方、本格的に演奏家になりたい方、それぞれに応じた指導をいたします。

私の弟子の会は「清芫社」と言います。弟子の皆はそれぞれ色々な立場でありますが、この清芫社の中では「尺八」を通し、大家族として助け合い目標に向かって精進しています。

尺八を難しい楽器と思われるのではなく、まず、体験レッスンにお気軽にお越しください。健康にも良い尺八をあなたも始めてみませんか?


お問い合せ
(株)ゲンザン音楽事務所 
〒603-8474 京都市北区大宮薬師山東町11-13 
TEL(075)371-8972 
FAX(075)492-9404 
genzan@genzan.co.jp


※当Blogで使用されている画像、映像、音声、文章など、制作物の著作権はゲンザン音楽事務所が所有します。許可のない二次使用など、著作権を侵害する行為は堅く禁止いたします。


◆習うということ◆

1.習うということはまず、銀行に行くことである。まず月謝を新刷に替えて、気持ちよく芸を買いに行くのである。最近はお釣りを下さいとか、硬貨を入れる人がいるが、もってのほかである!

2.月謝が一万円なら、平均その倍の二万円は必要だと思った方が良い。月謝以外の出費がいろいろあるのだ。海外に遊びに行く時、航空運賃と宿泊費では済まないでしょう。お土産もいるし!

3.お中元、お歳暮って知っている?!芸の世界では、一般のボーナスに当たるものなのだ。だから、お金が普通。ボーナスが物品支給ならいやだろう。しかし最近はボーナスが出ない会社も多くなってきたし、これからどうなるのかなぁ!

4.習うということを自分の芸を披露するものと思っている人がいる。習い上手とは、いかに師匠に吹かすか。そして芸を盗むということなのだ!

5.教える時間の少ない師匠が、一般的に高度な先生である。よく、「どんな練習をしているの?」と聞くと、胸を張って「1~2時間先生と一緒に吹いています」と答えるが、これは先生の練習に弟子が付き合っているのだ。2人の先生がいて、どちらに習うか迷った時は、月謝の高い先生に習うこと。

最新記事
2010年11月10日より
リンク
最新コメント
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
430位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる